Now Loading...

【コラム】108本のバラの花束でストレートに愛を叫ぶ

結婚してください。

赤いバラ108本の花束ほど、ストレートに愛の告白を伝える手段はないと言えます。

赤いバラの花束はもちろん、意外とお花をもらう機会は少ないものです。
そんな中で、赤いバラ108本の花束のインパクトと言えば、筆舌に尽くしがたいものがあります。

MORIYAでは、日本中の産地の中から、厳選した赤いバラのみを使用し、プロポーズ用の花束を特別に束ねます。
食材に旬があるように、バラにも旬の地域があります。
夏は東北や北海道などの寒冷地、冬は温暖な地域、春・秋は平均的に良い季節ではありますが、そのような時は特別に手入れを施している生産者の特別なバラを手に入れます。

バラの良し悪しは全て生産者の方の愛情によってできるものです。
その愛情のほどをしっかりと心得て、素晴らしいバラのみをご用意させて頂きます。

赤いバラ108本の花束

1輪1輪の素晴らしさを感じて頂けますでしょうか。

世の中にはプロポーズの花束のために、108本のバラを提案しているお花屋さんは数多くありますが、MORIYAでは本気度が違います。
素晴らしいバラの花束をご用意させて頂くための様々な独自の決まりや基準、テクニック、タイミング、ノウハウなどを駆使し、
人生の中でも特に煌きのある瞬間を演出するお手伝いをさせて頂きます。

「バラなら何でも良いよ」「バラはバラでしょ」という意見は、MORIYAのバラをご覧頂くと間違っていたことに気づいていただけます。

バラも食材と一緒です。輸入もののお肉があれば、国産の中でも特別な和牛もあります。
バラもピンからキリまで素晴らしさの違いは歴然です。

人生の中で1度しかないプロポーズなのですから、今まで生きてきて最も豪華で、最も特別なプロポーズの意味を持った花束をお渡しください。

 

このページのトップへ