Now Loading...

百か日のお供え花。マナーやおすすめのお悔やみ花について

百か日(百箇日・ひゃっかにち)は、故人がなくなってから100日目に行う法要のことを指します。

昔から、初七日や四十九日と同様に百か日では、お花を供えて法要が行われてきました。

百か日の法要に供えるお花を探している、百か日の法要に贈るお花を探しているという人には、この記事の内容は参考になるかと思います。

是非、最後までお読みください。

百か日のお供え花のマナーについて

故人がなくなった直後のお悔やみ花・お供え花は、白とグリーンのみで構成されているのが一般的です。

百か日のお供え花・お悔やみ花に関しては、白とグリーンのお供え花を贈る人に加えて、白とピンク、白とイエロー、白とパープル、白とブルーなどの淡い色味がはいっているお供え花を贈る人もいます。

また、百か日には故人が好きだったお花を選び、贈るという人もいます。

そのため、百か日に故人が好きだったお花を贈ろうかなと考えてみるのも1つですよ。

百か日のお供え花・お悔やみ花はMORIYAにお任せください

MORIYAのお供え花・お悔やみ花は、白とグリーンを基調にしているデザインはもちろんですが、

ホワイト+パープル・ブルー

ホワイト+ピンク

ホワイト+イエロー

ホワイト+ピンク・イエロー(可愛らしく)

などのカラー展開のデザインもご用意しております。

実際の商品のサンプルをご覧になられたいという方は、こちらを(フラワーギフト一覧(お供え))をご覧くださいませ。

何か百か日のお供え花・お悔やみ花でお困りのことなどがありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

 

MORIYA ホームページ  (https://mori8.com/

MORIYA オンラインショップ      (http://moriya.shop-pro.jp/

MORIYA   楽天ショップ (https://www.rakuten.co.jp/moriyahana/

電話番号 (06-6338-3998)

このページのトップへ