Now Loading...

四十九日にお供えするお花はどうすべき?マナーや適しているお花についてご紹介。

 
四十九日にお供えするお花を贈りたいけど、マナーがわからない。
 
また、四十九日にどのようなお花を贈るのが適切なのか知りたいと思っているのではないでしょうか。
 
この記事では、四十九日にお供えするお花のマナーと適しているお花についてご紹介していきます。是非、参考にしてください。

四十九日にお供えするお花のマナー

四十九日にお供えするお花のマナーとしては、とげや毒があるお花は基本的に贈ってはいけないと言われています。

それはお供えするお花は天国まで届くとされており、触ると痛みを感じてしまうとげのあるお花は、適していないと言われています。

そのため、お供えのお花を贈る際には、とげのあるお花は贈らないようにしましょう。

また、お供え花には毒があるお花も適していないと言われています。

黒色や赤色のお花

お供え花には、黒色や赤色のお花は原則NGとされています。

赤色は血の色を想像させてしまうことがあるので、避けるのが理想的です。

黒色に関しては、蘇悉地経という経典に供えては生けないお花と記載されています。

そのため、四十九日のお供え花を贈る際には、黒色や赤色の入ったお花は贈らないようにしましょう。

四十九日に適しているお花

基本は白色

お供えのお花は、基本的に白色が理想です。

お供えのお花として人気な白色のお花は、カーネーションやトルコギキョウ、ユリやピンポンマムなどです。

白とグリーンで、統一しているお花がお供えとしては最もメジャーとなっています。

白に合う色味のお花

お供えのお花(四十九日のお花)は、白い花だけでなければいけないということもありません。

白をメインに、黄色やピンク、淡いブルーやパープルなどを合わせてもよいとされています。

最近では、華やかで可愛らしいお供えを四十九日に贈るという人も増えています。

moriyaのお供え花は、心が穏やかになれるようなお花を使用し、時に優しさ・時に清楚さ、時に可愛らしさを表現してお作りしております。

四十九日のお供え花は、是非moriyaにご依頼くださいませ。

 

MORIYA ホームページ  (https://mori8.com/

MORIYA オンラインショップ      (http://moriya.shop-pro.jp/

MORIYA   楽天ショップ (https://www.rakuten.co.jp/moriyahana/

電話番号 (06-6338-3998)

 

 
このページのトップへ