Now Loading...

ハートのバラのアレンジメント

こんにちは。
moriya店長の森です。
お花は思いを伝えるコミュニケーションとして、
日本でも一般的になっていると、
お花屋さんの僕の目から見ても思います。
いざ、お花を贈ろう!と思った時に、
大切な機会に、大切な想いを伝えるために、
どのようなお花を贈ろうか。と、
多くの方がお悩みになると、
皆様とお話しさせて頂いておりますと、
感じることが多いです。
店頭で、僕がお承りする際に、
お客様がお悩みになられて、
お任せ頂きます場合、
お届け先様の雰囲気や、どのようなシーンで、
どのような用途でお贈りされるかをお伺いし、
【アレンジor花束or鉢物】【お花の種類】
【ギフトの大きさ、形式】【カラー構成】などを
僕なりの基本軸で判断してお作りさせて頂いています。
店頭のお越しの際は、今すぐお持ち帰りされることもあって、
すぐに判断をしなければなりません。
例えば、スタイリッシュでクールな印象だと、
お花の種類は少な目で、形も丸よりも、
線や、角が比較的露出し、
色あいも同一色相帯で統一感を持たせ、
中途半端よりも、いっそのこと思い切った印象を
特に意識してお作りさせて頂きます。
ハートローズアレンジメント
また、この度、梅田にお届けさせて頂きましたハートのバラのアレンジメントのように、
愛を込めて、メッセージ性を持たせる場合は、
何か象徴的なものを中心に据える場合もあります。
バラをハート型に配し、
周囲のカラーはコントラストのあるものにし、
メインのバラよりも一つ一つの花が小さいものを選ぶことで、
バラ自体がくっきりと浮かび上がるように
お作りさせて頂いています。
それと、平坦にバラをさしていくのではなく、
特殊な組み方で、立体的に配していることで、
花が咲いても、花弁同士が必要以上に重なり合いづらく、
バラが密集していても、比較的長くお飾り頂ける
利点もあります。
お一つ、お一つの贈る気持ちは
その方によって異なるものだと思いますので、
お一つ、お一つ、真剣勝負で、
僕たちも向き合うことで、
より印象的なお花贈りになるのだと信じ、
今日もお花お届け大作戦に携わっています。

このページのトップへ