Now Loading...

ユリの女王。カサブランカ10本の花束。

【本物志向】
この言葉でお花達と向き合っています。
お肉に松坂牛があるように、お花にも〇〇産というブランドがあります。
一般的には知れ渡っていませんが、
日本中にお花の産地はありますし、野菜と同じで
季節によって、良い時期は日本列島を駆け巡り、
香り高い旬が季節と共に北上、南下、移動します。

また、近年は高品質なものとしても、低品質なものとしても、
海外から様々なお花達が輸入され、
お花屋さんの店頭では、ピンからキリまで、
パッと見、同じように見えるかもしれないお花1本の中に
蟻んこさんから、象さんぐらいの大きな差が、実はあります。

本当に良いお花は、長持ちすることはもちろん、
バランス、品格、香り、上品なしなりなど、
美しさを至る所に見つけることができます。

しかしながら、それはお花をたくさん見る機会がある、
お花のお仕事に従事している人だからこその眼であると思います。

残念ながら、安価で低品質な輸入のお花も、
国産の中でも様々な品質が背景にあるお花も、
1本1本にラベルを貼ることができないために、
その品質に対する価値は、各お花屋さんに委ねられていて、
絶対的な価値観というものありません。

だからこそ、お花屋さんはデザイン性はもちろん、
お花1本1本の価値を見極め、
お客様や、僕たちお花屋さん、生産者の方々の
みんながハッピーになれるような役割を担っています。

大輪のカサブランカ10本の花束
本日の写真は百合の女王カサブランカ10本の花束です。
ゴージャスな花姿と、芳醇な香りで、
大切なお祝いがより思い出深いものとなりますように、
心をこめてお作りさせて頂きました。

ユリの女王カサブランカの花束
ユリの女王カサブランカ10本の花束は、
上の写真から特設ページに移動します。

このページのトップへ