Now Loading...

【知っておくべき!】花束の持ち方と渡し方。保管方法までご紹介【花屋監修】

花束を人に渡すとき、どうやって渡せばいいかわからないと思っている人がいるのではないでしょうか。

また、花束を上向きに持てばいいのか、下向きに持てばいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで、この記事では花束の持ち方・渡し方についてご紹介していきます。加えて、花束の保管方法についても触れていきます。

是非、参考にしてください。

花束の持ち運び方。花が上向きに持つべき?それとも下向き?

花束の持ち方・運び方について、このような疑問を持っている人がいるのではないでしょうか。

「花束は花が上向きになるように持つのか、それとも花が下になるように持つのが理想なのか?」

上の答えは、花が上向きになるように持つです。

その理由としては、お花が長持ちするように花束を作成した時に、茎の切り口部分に水の代わりの役目をしてくれるゲル入りの袋をつけているからです。(店舗によっては、水を含ませた紙を巻いているケースもあります)

もしもお花を下向きにしていると、袋の中に入っているゲルがこぼれてしまう可能性があります。そのため、花束はお花が上にくるように持つのが理想ですよ。

花束を持ち運ぶ際は、花が上にくるように持ちましょうね。

シチューエーション別にご紹介。花束の渡し方

花束の渡し方にもマナーってあるの?花束はどうやって渡せば喜ばれるの?など、花束の渡し方について疑問を持っている人がいるでしょう。

ネットなどでは、マナーを守って渡そう!というように記載しているケースがありますが、お花の渡し方に厳格な決まりはありません。

むしろ、決まりを守って渡してしまうと、相手を喜ばせられる度合いが少なくなってしまうことになりかねません。

MORIYAスタッフがおすすめする、花束の渡し方をシチューエーション別にご紹介していきます。

下記でご紹介する、花束の渡し方を覚えておけばこれから迷ってしまうことがなくなりますので、参考にしてくださいね。

1対1の場面

お花を知り合いやお世話になっている人などに、1対1の場面で渡すという時は、相手が持ちやすいように渡してあげるのが理想です。

相手から持ちやすい渡し方をするためには、相手の利き手がお花を支える手、利き手ではない方が茎を持つ手になるように考えて渡してあげるのがおすすめです。

また、少し傾けてプレゼントしてあげるのがおすすめです。そうすることで、より持ちやすくなりますよ。

結婚式や授賞式など大勢の前で花束を渡す場面

結婚式や授賞式など大勢の前で花束を渡す際には、自分からみてきれいに見えるように渡すのはおすすめではありません。

おすすめなのは、渡す相手からきれいに見えるように、かつ大勢の人から見えるように花束を渡すのがおすすめです。

大勢の人の前で渡す際には、自分と相手だけではなく、多くの人に見てもらえるように気をつけましょうね。

サプライズで花束を渡す場面

サプライズで花束を渡すときに、一番大切になってくるのはバレずに渡すことができるかということですよね。

なので、サプライズで花束をプレゼントする際には、渡す寸前までバレないようにどこかに隠しておくのがおすすめ。

そして、花束を渡す時は「上の写真」のように体の後ろで隠しながら、花束を相手が受け取る距離まで近づいていくのが理想です。

この方法だと、相手から何かを隠していると思われたとしてもそれがお花だとはバレませんよ。

サプライズでプレゼントする際には、バレないように渡すというのが最も大切ですよ。

サプライズプロポーズの花束の渡し方、渡すタイミングについて知りたいと思っている人は、下記の記事を参考にしてください。

【コラム】プロポーズの花束を渡すタイミングとシチュエーション【花屋監修】

知っておくべき!花束の保管方法について

これから花束を渡そうと計画している人は、花束の保管方法についても覚えておきましょう。

花束の保管方法を知っておけば、「花束をプレゼントするまで自宅で保管しないといけない」という場面にも対応することができます。

花束を渡すまでの間、お花をより良い状態に保つことで、より長くお花を楽しんでもらうことができますよ。

花束の保管方法としては、理想的なのは日の光の当たらない涼しい場所に保管しておくということです。お花は暑さに弱い生き物なので、暑い環境にいるとストレスがかかってしまいます。

また、お花をバケツや花瓶などにいれて、立てて保管するようにしましょう。お花は根っこから切っても、根っこから生えている状態と同じような体勢にしてあげることが望ましいです。

お花を立てておくことで、お花本来の状態に近くなりますので、その分お花がかからなくなります。

間違っても、下向きや横向きにしてお花を保存しないようにしましょう。

花束の持ち方はシチューエションによって変えよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、花束の持ち方・渡し方についてご紹介してきました。

・花束には厳格な渡し方やルールはない

・花束を渡すシーンによって臨機応変に渡し方も変えるべき

花束の渡し方には、これといった決まりがないので、あまりマナーなどにはとらわれないようにしましょうね。

お花贈りなどに関して、何かわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。

MORIYA ホームページ  (https://mori8.com/
オンラインショップ      (http://moriya.shop-pro.jp/

電話番号 (06-6338-3998)

このページのトップへ