Now Loading...

プロポーズにおすすめのバラの色をご紹介【花屋監修】

プロポーズといえば、バラの花束を想像する人も多いのではないでしょうか。

また、プロポーズにバラの花束を渡したいけど、何色のバラの花束を渡せばいいかわからないと思っている人がいるでしょう。

そこで、この記事ではプロポーズにおすすめのバラの色と色によって違う意味などをご紹介していきます。

是非、参考にしてください。

プロポースにおすすめのバラの色は?

プロポーズで、最も人気かつ定番の色が「赤」です。

赤バラは、愛の象徴としてもとても有名で、プロポーズといえば「赤バラ」をイメージする人も多いですよ。

赤バラには、「愛しています・愛情・熱烈な恋」などの意味が含まれています。

ですので、プロポーズという永遠の愛を表現する場において、赤い花が最もプロポーズにふさわしいとされる花と言えるわけです。

もちろん赤いバラに限定されるわけではないのですが、赤いバラ=プロポーズとイメージしやすいという利点がありますよ。

バラの中でも、希少とされている「青バラ」

青バラは、見た目から独特な美しさを感じることができるバラです。

青バラには、「幸福を願う」、「神の祝福」、「奇跡」、「叶う」という意味が込められています。

あなたと出会えたことが「奇跡」だよといった、ロマンチックなプロポーズシーンにふさわしいバラと言えますよ。

青バラは、市場でも出回っている本数に限りがあり、扱っているお花屋さんも少ないです。

そのため、青バラの花束でプロポーズをしたい、青バラをプロポーズシーンに使いたいと思っている人は、事前にしっかりと準備することが大事になってきます。

MORIYAでは、事前にお問い合わせいただければ「青バラ」をご用意することができますので、ご要望がありましたらお声がけくださいませ。

ピンク

ピンクバラには「美しい少女」、「上品」、「愛を持つ」、「温かい心」という意味が込められていて、女性から絶大な人気があります。プロポーズには「ピンクバラの花束が欲しい」という女性も多く、赤バラに続きプロポーズシーンで最も人気のカラーです。

ピンクバラは、ふんわりとした優しい色なので男性には買いにくいというイメージがあると思います。

しかし、そんな恥ずかしさを乗り越えて買ってくれた嬉しさで喜んでくれる人も多いでしょう。

オレンジ

オレンジバラは、強く元気な女性にぴったり。

見た目から、とても元気ではつらつとした雰囲気が漂ってくる色味のバラです。

オレンジバラには、「恋愛の達人」、「信頼」、「絆」という意味が込められています。

大切な人が「いつも笑顔を手放さないような元気いっぱいの女性」の場合などは、オレンジバラの花束をプレゼントすることを検討してみてはいかがでしょうか。

白バラには、「心からの尊敬」、「清潔」、「純潔」という意味が込められています。

白バラは、清楚で高価なイメージがあり、多くの女性が憧れを抱いているバラの色味だったりします。

赤バラと言えば、プロポーズシーンに欠かせないバラですが、白バラもプロポーズシーンに映えるお花です。

赤だと「ストレート」すぎて、なんかイメージ通りな感じがしてしまうと思っている人は、白バラの花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

海や夏のシチュエーションでプロポーズをしようと思っている人にぴったりですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バラは色によって意味が異なるので、プロポーズの際は自分がもっとも納得のいくバラの色味を選ぶようにしましょう。

そうすることで、きっと最高のプロポーズになりますよ。

 

 

MORIYA ホームページ  (https://mori8.com/

MORIYA オンラインショップ      (http://moriya.shop-pro.jp/

MORIYA   楽天ショップ (https://www.rakuten.co.jp/moriyahana/

電話番号 (06-6338-3998)

このページのトップへ