Now Loading...

キービジュアル

お供え花に関するマナーや一般常識

1.仏教の場合

お届けするシーンなど…「お供え花をいつ贈ればいいの?」

葬儀前後

葬儀場へ直接お届けする場合→
外部からの持ち込みができるかを予め葬儀場へご確認ください。
葬儀場によっては、外部からの持ち込みを断っている所がございます。
お手数ではございますが、確認はお客様にてお願い致します。

また、早い方が良いと、急いでお通夜までにお花を送ったりすると、亡くなるのを待っていたという印象になってしまう事がございますので、要注意です。

法要

初七日や、四十九日、一周忌など、節目となる法要に供花を贈る事がよくあります。
詳しい法要の説明や、それぞれの法要に対応したお花の色合いやイメージなどは、後述致します。

法要の種類など…「お供え花にどのようなお花を贈ればいいの?」

法要とは何か

追善供養と呼ばれるもので、故人を偲び、冥福を祈る仏教儀式です。
法事、法要を行うことによって、個人があの世でよい報いを受けてもらうために、極楽浄土へ行けるために行う大切な行事です。

※法事との違い
法事は法要(追善供養)を含む、様々な仏教儀式をさします。
追善供養(法要)の後の会食などを合わせ、包括的に法事と呼びます。

主な法要(法要時や命日、月命日などの節目にお花をお届けすることが多いです)

初七日(しょなぬか)7日目
二七日忌(ふたなぬか)14日目
三七日忌(みなぬか)21日目
四七日忌(よなぬか、ししちにち)28日目
三十五日(さんじゅうごにち)、五七日忌(いつなぬか、ごしちにち)35日目
六七日忌(むぬか、ごしちにち)42日目
四十九日(しじゅうくにち)、七七日忌(なななぬか、しちしちにちき)49日目
百か日忌(ひゃっかにち)100日目
一周忌(いっしゅうき)満1年目
三回忌(さんかいき)満2年目
七回忌(ななかいき)満6年目
十三回忌(じゅうさんかいき)満12年目
十七回忌(じゅうななかいき)満16年目
二十三回忌(にじゅうさんかいき)満22年目
二十七回忌(にじゅうななかいき)満26年目
三十三回忌(さんじゅうさんかいき)満32年目、一般的に弔い上げと呼ばれます。
四十三回忌以降もございますが、三十三回忌まで記載致します。

太字で記載した日は、遺族、親戚だけではなく友人、知人なども参列して法事が行われる事が多い日です。
規模は、他の法要よりも比較的大きいです。

一般的に花を贈るのはいつ?

一般的には、主な法要や命日、月命日にお花が贈られる事が多いです。
友人、知人の間柄で贈られる事が多い機会としては、初七日、四十九日、一周忌、三回忌です。
参列される方が比較的多い法要ですし、立て札を立てた方がいいかもしれません。
親戚の間柄で贈られる事が多い機会としては、初七日、四十九日、一周忌、三回忌に加え、命日、月命日にもお花を贈る事が多いです。
亡くなられた方へお供えするためではございますが、ご遺族様の心が癒されるような優しいお花を、という御依頼を多く頂戴しております。

※御自宅用に飾る場合※

どの法要の時も、普段よりお花を豪華にお供えする事が多いです。
その際は、花瓶に切り花を活けたり、アレンジメントをお供えします。

※注意したい点※

必ずしも、法要の日に合わせてお花を贈らなければならない、ということはありません。
亡くなられた方のお誕生日や記念日、母の日、父の日にお供え花という形ではなく、 それぞれの日に合わせた用途、形でお花を贈る方はとても多いです。

お花の形式

お供えのお花には、アレンジメント、花束、切り花などの形式で贈られることが多いです。

※アレンジメントの場合※

アレンジメントとは、カゴや陶器などの花器に入れたオアシス(吸水性のスポンジ)へ花を活けてお作りしたものです。
届いた形そのまま飾って頂けるので、手間がかからないことが大きなメリットです。
忙しい時や、花瓶などが家にない時には、アレンジメントの方が喜ばれます。

※花束の場合※

花束とは、お花達をそのまま束ねて、包装紙、リボンでラッピングしたものです。
花束はアレンジメントに比べ、どのお花も長いままお届けできますので、ボリューム感が出やすいことと、お花をご自身で活けることが好きな方に喜ばれます。
花束の長さとしては、最近短めのブーケタイプや、花束とブーケタイプとの間にあたる、ミドルブーケなどの人気が上昇しています。

※切り花の場合※

切り花はリボンや、ギフトラッピングをせず、切り花をそのまま簡易包装をしたものです。
ご自宅用などにご利用頂いております。
贈り物としては、不向きだと思います。

※棘のあるお花や派手すぎるお花は要注意※

最近は、お供え花にバラを入れたり、色の明るいお花を御希望される方が多くなっています。
亡くなった方が好きであったお花を使用することは歓迎されますが、あまりに派手であったり、バラがメインであると、好まれない方もいらっしゃいますので、お届け先様に一旦確認を取って頂いてから、御依頼されますと良いと思います。

2.神式の場合

お花の種類は仏教と同じような形式でよく贈られます。
地域によっては、菊中心、白色中心と言われておりますので、優しい白を基調としたお花を贈ると良いと思います。

とはいえ、お花を贈るということは、気持ちを贈るということです。
亡くなった方や、ご遺族の方へ、優しい気持ちをお届けするということをイメージしてお花を贈れば、特に形式にこだわる必要はございません。
バラなどの棘のあるお花を避けて、心が穏やかになるお花を贈りましょう。

3.キリスト教の場合

お花の種類は、菊類ではなく、白を中心とした洋花でお作りすることが多いです。
特に、白いユリや蘭などをメインにされている所をよく見ます。
お別れの会にお花をお供えしたい場合は、予め会場側へ許可を取る必要があります。
落ち着いた時や、命日に気持ちを伝えるお花をお送りすると、とても喜ばれると思います。

立て札は一般的に使用致しませんので、お名前を入れたり、言葉を入れたい場合は、メッセージカードをご希望くださいませ。

仏教、神式、キリスト教や、他の宗教に関しても言える事ですが、お花は気持ちですので、優しい気持ちをお届けするということを念頭に、お花をお選び頂けたら、問題ありません。

御依頼頂きました際に、一般に【○○されていることが多い】ということがございましたら、個別にご連絡させて頂いておりますので、安心して御依頼くださいませ。

4.対でお供えする場合

法要などで花束やアレンジメントを祭壇の右左両側にお供えされる場合は、【一対】という形式にてお花をお作りさせて頂きます。
【一対】とは、左右対称の対でお花を構成し、数量は一対で2つのお花と数えます。
一対にてお供え花をご依頼頂きます際は、お花を2つお選び頂きまして、一対を希望される旨をお知らせくださいませ。
なお、一般的にお色目やお花の種類も同じものを使用し、対になるようにお作りさせて頂いておりますが、最近は右と左で色目を少し変えてみたりするなど、自由な風潮も感じられるようになって参りました。
どのようなお花をお供えすることが最善かを思い浮かべながら、ご検討くださいませ。

疑問点などがございましたら、info@mori8.comまでお問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォームはこちら

このページのトップへ