Now Loading...

お盆のお供え花の準備はできた?知っておきたいマナーについて

お盆が近づいてくると、自宅用やお墓参りの際に使用するお供え花、またお供え花を贈るという人もいるでしょう。

お供え花はいつ贈ればいいの?お供え花にマナーはあるの?など、この記事ではお盆のお供え花について知っておきたいことについてご紹介していきます。

是非、参考にしてください。

お盆の時期について

お盆の時期は、全国一緒というわけではなく、実は地域によって異なります。

関東地域は、一般的に7月13日から16日の期間に行われます。大阪・兵庫など、その他の地域では、8月13日~16日の期間が一般的とされています。

地域によっては、旧暦の沿ってお盆をおこなうこともあります。そのため、お盆にお供え花を贈ろうと思っている人は、まず送り先の人のお盆の時期について把握するのがベターです。

お盆のお供え花について知っておくべきマナーについて

お盆のお供え花の知っておくべきマナーとしては、まず宗教や風習などによって異なりますが、バラなどのトゲがあるお花は避けるのが一般的です。

基本的にお盆のお供え花は、初盆に関しては白グリーンで統一したもの。

それ以降は、ホワイト+淡いパープル・ブルー、ホワイト+イエロー、ホワイト+ピンクなどのホワイトをメインとしてその他の色味を少しいれているものが一般的です。

ただし、故人が好きだったお花をお盆に贈るというケースもここ最近増えてきていますよ。

お盆のお供え花はMORIYAにお任せください

お盆のお供え花を贈りたい・飾りたいけど、どこに頼もうか迷っているという人は是非MORIYAにくださいませ。

moriyaのお供え花は、心が穏やかになれるようなお花を使用し、時に優しさ・時に清楚さ、時に可愛らしさを表現してお作りしております。

お盆のお供え花に関するサンプルをご覧になりたいという方は、こちら(フラワーギフト一覧(お供え))をご覧くださいませ。

 

 

MORIYA ホームページ  (https://mori8.com/

MORIYA オンラインショップ      (http://moriya.shop-pro.jp/

MORIYA   楽天ショップ (https://www.rakuten.co.jp/moriyahana/

電話番号 (06-6338-3998)

 

 

このページのトップへ